野生爆弾が本音ではしご酒に登場。今回のはしご酒もどんなトーク月飛び出すか注目だ。

コアなお笑いファンから絶大な支持を受け、絵描き歌や狂気のモノマネで「天才」という評価を受け、人気急上昇中の野性爆弾くっきーこと川島。

くうちゃんという可愛い相性と反比例するグロテスクでホラーチックなギリギリの表現がくせになります。

川島の事よくご存知ないと言う方のため、芸人から天才と呼ばれる男、くっきーの面白いボケ、ギャグをご紹介します。

アナウンサー:野生爆弾川島さんは初出場ということですが。

くっきー:お願いします。今日は気合いブリバリですから。 ブリバリで、頭にね、カラスの死体乗せてきましたから。あ、カラスの死体やない帽子や。

千原ジュニア:ほんとにね、彼はただの野生で爆弾ですから。

IPPONグランプリ 試合前

フリスクを食べるくっきー。

千原ジュニア:おいおい。 今もう本番やから。フリスクとか食べちゃダメやで。

くっきー: あ、これ…母の遺骨です。(微笑みながら)

IPPONグランプリ 試合後

涙ぐみながらコメントするくっきー

くっきー:ほんまね、こんなそうそうたるメンバーの中で5ポイントも取ることができてね…。

千原ジュニア:くうちゃん、どないしたんや?泣いてるのか?

くっきー:いや、今フォレストガンプ思い出してたんです。 ええ話ですあれ。

IPPONグランプリ エンディングトーク

松本人志:さっきトイレでくぅちゃんに会ったから、おもしろかったよって褒めたんですよ。そしたらなんて言ってたんやっけ?

くっきー:松本さんに褒められて嬉しかったので、久々に嫁抱こうと思ってます!

松本:知らんがな(笑)

『IPPONグランプリ』より

8月30日に放送されたバラエティ番組「水曜日のダウンタウン」(TBS系)で、若手芸人200人が選ぶ「カッコいいコンビ名ランキング」が発表された。

☆「カッコいいコンビ名ランキング」(水曜日のダウンタウン調べ)

1位 野性爆弾(23票)

2位 千鳥(18票)

3位 東京03(16票)

数多のお笑いコンビの中で、今回1位に輝いたのは「野性爆弾」。番組は本人たちを直撃し、そのコンビ名の由来をたずねた。

「15歳くらい、中学校の文化祭でネタやりたくて、琵琶湖のほとりでネタ合わせしてたら、そこに知らんおっさんがきて」と振り返るくっきー(41歳)。そのとき、男性から「急にバッと指差して『野性爆弾』って言われ」、男性はすぐに帰っていったという。

「変なおっさんやな」と思いつつ、そこから5年ほどの月日が経過。あるとき、テレビを見ていたら「『4時ですよ~だ』ていう番組で仕切ってる人がおって。それが松本人志さんやったんですよ。僕ら松本人志さんに付けてもらったコンビ」と語り、さらに「そっから15年後くらいに初めて会って、そのときに『帰ってきたな』みたいなん言われましたけどね」と、“いい話”風のエピソードを明かした。

このエピソードに、松本は「あいつホンマええかげんにせなあかん。ウソばっかりついてるからな。誰が琵琶湖ウロウロするの」と、くっきーの話を全否定していた。

川島は展覧会『超くっきーランド』を開けば大盛況、なんと台湾・台北でも開催され、1か月の会期中、現地に10万人もの人が訪れたという。独特のセンスのイラストとオブジェの数々が、今後はヨーロッパに進出し、よりワールドワイドな展開を計画しているんだとか。

トーク番組に出たら必ず紹介されるインスタの「顔マネ」芸も絶好調だし、例え王・フットボールアワー後藤輝基に「誰よりも速い300キロ出るエンジン積んでるけど、街中もその300キロでしか走れないバイク」と例えられたお笑い暴走機関車が、やっと時代とシンクロし始めたようだ。

川島はなんとバンドもしている。その名もTHE SESELAGEES(ザ・セセラギーズ)。吉本の芸人仲間と組んだOiパンクバンド。いろんなパンクフェスやイベントで神出鬼没に活動中。英国労働者階級に端を発したOiパンク、日本でも3本の指に入ると自負するマニアな私から見ても、セセラギーズはヤバイ。芸人の余技なんかでは全くなく、ちゃんとOiパンクをリスペクトし、聴き込んでいるのがわかるハイクオリティな楽曲群。パンク専門誌でインタビューを受けるぐらい本格的なサウンドなのだ。

そして、そのほとんどの作詞作曲を担当しているのが、ステージネーム・ニクグソタロウこと、くっきーなのである。すでにアルバムも2枚出しているのだが、通販とライヴ会場での物販のみで、一般になかなか流通していないのがまことに惜しい。YouTubeでも聴けるので、興味を持った方はセセラギーズで検索してみてください。

あと話題になったのが4月26日配信の『極楽とんぼKAKERUTV』(AbemaTV)でギャラ事情を告白した事。

「口パク暴露かくれんぼ」企画で、極楽とんぼの加藤浩次に見つかり、口パクで月収を答えることになった野性爆弾のくっきー。カメラにワンショットで正面を向いて、音声は出ていないものの、はっきりとした口調で口パク。番組視聴者からは「320万」の声が多く寄せられていた。

周囲が驚くなか、相方のロッシーも「え! いや、もうケタが違っていたように見えました。350万くらいのように感じましたよ」と慌てていた。

加藤から「ロッシーの先月は?」と聞かれると、「35万ですよ」と即答。周囲からは「(くっきーの)10分の1」の声が上がっていた。

ロッシーが、加藤の相方・山本圭壱と固い握手を交わすと、加藤は「格差同士」とツッコんでコンビ間のギャラ格差を一笑に付していた。

くっきーは2月15日放送の『メッセンジャーの○○は大丈夫なのか?』(毎日放送)では、最高月収を「350万円」と告白していた。

また川島は4月4日放送の『一周回って知らない話』(日本テレビ系)で、1年前によしもとクリエイティブ・エージェンシーから独立することを真剣に考えていたことを告白。

「ギャラの取り分が気に食わなくて、個人事務所作ったろ、って」

極秘裏に独立を進め、社員2人も集めたが、計画から1週間後に会社にバレてしまい、失敗したという。だが、現在は「マジ、よしもとのおかげで助かってます!」と納得のいく報酬を得られているようだ。

さらに口説いた芸能人を口パクで話したくっきーに、加藤が「浜田? 山田?」と質問すると、くっきーは“浜田”の部分でうなずき、これを見た視聴者から「浜田ブリトニー」の名前が浮上。

今回のはしご酒もどんなトーク月飛び出すか注目だ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする