関ジャニ∞渋谷すばる「脱退」騒動

SMAPのメンバーである稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が退所してから半年あまり。ジャニーズ事務所への余波も収まりつつあるところに、新たな波風が立とうとしている。
関ジャニ∞渋谷すばるが脱退騒動を起こした。私としては事務所が芸能人を食い物にしたり、ファンの気持ちを無視した人を食い物にするような売り込み戦略に頭に来ていたので、渋谷すばるさんを応援したい気持ちでいっぱいだ。
渋谷すばるは関ジャニ∞のメインボーカルである。13日発売の「フライデー」(講談社)が「脱退」をスクープした。
記事によると、ミュージシャン志向の強い渋谷が、これまでのようなアイドル路線から一線を引くために脱退を決めたのだという。
「もともと、渋谷の歌唱力は高く評価されており、単独での映画初主演となった『味園ユニバース』(2015年)でも、圧倒的な歌声を披露して大きな話題となりました。関ジャニ∞は5月にベストアルバムをリリースし、夏には全国14公演のツアーが予定されていた。当然、ベストアルバムに入った曲を披露することになるのですが、そこには初期の“お笑い要素”の強い曲も。本格的なミュージシャンにベクトルを向ける渋谷にとって、大阪ノリが全開だった頃のコテコテなライブは、もうやりたくないのではないか、というのです」(女性誌記者)
はっちゃけた明るいアイドル楽曲が多い同グループでは、本人が望む活動はできないということらしい。
本人の気持ちを無視した事務所の売り込み戦略が災いを招いた。自業自得である。しかし売れなければ自分のやりたいこともできないわけだから事務所が気の毒な気もする。経営陣もすでに説得にかかったようだが、報われない可能性も十分にあるという。
 天下のジャニーズ事務所だが、一昨年のSMAP解散以降は内部でのゴタゴタなど醜聞が絶えず、かつての栄光に少しずつ陰りが見えている状況。その上、屋台骨を支えるグループの一つである関ジャニ∞のメンバーが脱退となれば、さらなるダメージは想像に難くない。
関ジャニ∞のファンクラブ会員数は嵐に次ぐ56万人。彼らの活動による経済効果がジャニーズに大きな影響力を持つだろう。
 仮に本当に脱退となれば、関ジャニ∞の渋谷ファンは離れるだろうし、関ジャニ∞そのもののファンの中にも「メンバーが揃わなければ魅力がなくなる」という意見も出るはず。グループ全体に関わる出来事なのは間違いない。
だからこそ、ジャニーズ事務所として「現状維持」を望むのは当然のことだろう。もしそうなった場合が「もっとも危険」という声もあるが……。
「脱退ではすまず『退社』ということもありうるかも……渋谷の歌手としての気持ちを考えればそのくらいはあるかもしれませんね。そうなると元も子もないということになりますが……。
すでにSMAPの3人は退社し、新たな活動をしています。モデルケースがある以上、ハードルはもはや高くもないんですよ」(同)
 果たしてどうなる関ジャニ∞。ジャニーズ事務所がさらに大きく揺れそうだ。

 果たして、どんな展開を見せるのか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする