「何回も死のうとも」‥羽生結弦君の”衝撃発言”に驚きを隠せない

平昌五輪男子男子シングルで金メダルを獲得した羽生結弦選手。平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)フィギュアスケート男子で66年ぶりの連覇を達成した。
東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで行われた凱旋報告会にあたるイベントで、自身がプロデュースしたアイスショー「Continues ~with Wings~(コンティニューズ ウィズ ウイングス)」の最終日に出演。
フィナーレでは「一時期、週刊誌の問題とか色々あった時に、“なんで僕生きてるんだろう”って。何回も死のうともしました。でも生きててよかった」と激白。周囲やファンに感謝を述べた。 

人生順風満帆に見える結弦君がこんな苦しみを抱えていたとは意外である。しかし、ファンに感謝を述べつつも自分の苦しみを率直に分かち合う姿は人間としても好感が持てる。これからもますます応援したい気持ちが強くなったのは私だけだろうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする