ソニー Xperia XZ2 Premium発表。世界最高スペックの 2眼カメラに4K液晶、6GB RAMの怪物スマホ

ソニーモバイルが新型フラグシップスマートフォン「Xperia XZ2 Premium」を発表しました。Android 8.0 Oreoを搭載し、グローバルで夏に発売予定。
最大の特徴は世界最高スペックと言われる背面デュアルカメラ。最近はデュアルカメラが流行っているが、デュアルカメラといっても性能さまざま。本機は超暗所撮影に特化しています。
モノクロセンサーとカラーセンサーを組み合わせることで、静止画でISO 51200、動画でISO 12800という高級一眼カメラ並の高感度を実現しています。
例えば舞台の撮影や体育館でのスポーツシーンを押さえたいとき。高感度性能が高ければシャッタースピードを速くでき、手ブレや被写体ブレを減らすことができ、鮮やかな画像が撮れるといいます。
XPERIA XZ2 Premium、スペックはすごいけど、236gは重いよという意見が支配的だそうだが、ソニーファンの私としてはそういう輩には買っていただかなくて結構と言いたい。多少重くても世界最高性能のカメラにこだわってこその天下のソニーだし、今の世の中で生き残っていくにはこういう差別化戦略は正しいと思う。ソニーにとって携帯電話は唯一の不採算部門だがぜひ頑張っていただきたいです。
さらに2つのセンサーで集めた情報をリアルタイムで合成する新開発の画像融合処理プロセッサーAUBE(オーブ)を搭載。これにより、撮影時のライブビュー画面でも、ISO1万2800相当の明るい画面で撮影中の被写体を確認できるといいます。
眼カメラ『Motion Eye Dual』を搭載しています。
さらにソニー独自の画像融合処理プロセッサ「AUBE(オーブ)」によって、世界最高スペックのISO 12800の動画、またはISO 51200の超高感度写真が撮影可能となっているほか、世界で唯一、4K動画の撮影と再生ができる機種に仕上がっているもようです。960fpsのスーパースローモーション動画も撮影できますよ。
Xperia Premiumシリーズの売りといえる4Kディスプレイは5.8インチに大型化(先代のXZ Premiumは5.5インチ)。さらに、RGBに白ピクセルを追加するRGBW方式の採用で、最大輝度が30%アップしています。XZ2と同様にHDR表示にも対応するほか、4K HDR映像も撮影可能。つまり、世界で唯一の「4K HDR映像の撮影も再生もできる」スマホなのもアピールポイントです。なお、アスペクト比は16:9に留まります。
プロセッサはXperia XZ2と同様にSnapdragon 845。RAM容量は6GBに増量しています。ダイナミックバイブレーションシステム、ワイヤレス充電、背面指紋センサーといった基本機能はXperia XZ2を踏襲します。バッテリー容量は3400mAh、 IPX5/8防水防塵にも対応します。
本体デザインもXperia XZ2を踏襲し、シームレスなアルミフレームに曲面のガラス背面を採用。

ソニーワクワクさせてくれますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする